Category: NEWS

グローバルな雇用・支払いプラットフォームのディールが1億5600万ドルを調達してユニコーン企業に

サンフランシスコ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 世界中で雇用の壁を打ち破る国際給与事務会社のディールは本日、YCコンティニュイティ・ファンドが主導するシリーズC資金調達で1億5600万ドルを調達し、アリ・ロウガニを取締役に迎えたと発表しました。このラウンドは、既存の投資家のアンドリーセン・ホロウィッツとスパーク・キャピタルが共同主導しました。このラウンドには、Dara Khosrowshahi、Lachy Groom、Jeffrey Katzenberg、Jeff Wilke、Anthony Schillerなども参加しました。評価額が12億5000万ドルとなったディールは、グローバルな給与事務とコンプライアンスの分野で市場のリーダー企業として浮上してきました。 ディールは、企業がさまざまな場所でさまざまな人をコンプライアンスを維持して雇用できるようにしています。海外の従業員や契約社員の雇用や新人研修は、現地法人を必要とせず、5分以内で完了します。120種類以上の通貨での給与支払いもワンクリックで行うことができます。 ディールは、MITを卒業したAlex BouazizとShuo Wangが2018年に共同で設立しました。パンデミックが発生した時、ディールはすでにこの問題に焦点を当てており、企業が働き方や採用基準の劇的な変化に適応できるように支援をする上で絶好の位置にいました。 ディールのAlex Bouaziz最高経営責任者(CEO)は次のように述べています。「私たちは、アルゼンチンからザンビアまで、世界中のどこでも採用活動を行いたいと考えている企業のためのソリューションとなるよう、ディールを立ち上げました。私たちは、多数の企業が本質的に困難だと感じている問題を解決することに乗り出しました。ディールは全てを信頼できる製品に統合し、雇用や給与支払いのほか、グローバル・チームのメンバーに最高の体験を提供するために活用されています。今回の3度目の大規模な投資により、世界中の企業、従業員、契約社員のためにさらに多くの扉を開くことができるようになります。」 2020年にディールは収益を20倍に伸ばし、現在では世界で1800社以上の企業を支えています。ディールは急激な成長により連続して資金調達ラウンドを行い、1年以内に総額2億600万ドルを調達しました。今回のシリーズC資金調達により、ディールは国際的な拡大を続け、2021年には新たな市場を開拓し、世界各地に自社所有の事業体80社を新たに設立する予定です。ディールは世界中で優秀な人材を採用し、チームを拡大する計画も持っています。ディールはさらに、従業員のエクイティやオープンAPIといった特性に重点を置き、提供製品を全面的に改善、構築、成長させていきます。 YCコンティニュイティのアリ・ロウガニは、次のように述べています。「人々の働き方は根本的に変化しており、ディールはその先頭に立っています。ディールはパンデミック前からリモートワークの最前線にいましたし、これからもずっとそうでしょう。このチームは、企業が近郊の優秀な人材だけでなく、世界中から最高の人材を採用できるよう、リモートワークの障害を取り除くための独自の能力を備えています。」 ウーバーのDara Khosrowshahi CEOは、「世界中の企業が、最も身近な人材ではなく、場所を問わず最高の人材を採用できるように、複雑で煩雑な給与支払いやコンプライアンスを合理化し、障害を取り除くプラットフォームであるディールに投資できることを嬉しく思います」と述べています。…

《气候宣言》宣布100多家签约组织,承诺至2040年或更早实现净零碳排放

西雅图–(BUSINESS WIRE)–(美国商业资讯)–亚马逊和Global Optimism今天宣布,超过100家公司已签署《气候宣言》(The Climate Pledge)。新加入《气候宣言》的52家签约组织包括阿拉斯加航空公司(Alaska Airlines)、高露洁棕榄(Colgate-Palmolive)、喜力(HEINEKEN)、百事可乐(PepsiCo)、西班牙电信(Telefónica)和Visa等知名品牌。《气候宣言》签约组织的全球年度总营收超过1.4万亿美元,在16个国家的25个行业拥有超过500万名员工,彰显出该活动在应对气候变化方面的集体影响力。 《气候宣言》各签约组织一致同意: 定期测量并报告温室气体排放量。 通过切实的业务变革和创新来实现符合《巴黎协定》的低碳化战略,包括提高效率、使用可再生能源、降低原材料消耗,以及其他消除碳排放策略。 通过额外、可量化、真实、永久并对社会有益的补偿来中和任何剩余的碳排放,以便在2040年之前实现年度净零碳排放——比《巴黎协定》设定的2050年目标提前10年。 所有签约组织都在采取基于科学的、极具影响力的行动,通过供应链效率、可持续交通运输、循环经济、清洁能源解决方案等方面的创新来应对气候变化问题。许多组织也通过强调创新包装和可持续产品设计和开发的各种倡议,有目的地让顾客参与到他们的净零碳排放过程当中,同时提供解决方案,让顾客能够通过教育活动和可持续性购物体验来减少自己的排放量。 亚马逊创始人兼首席执行官杰夫·贝索斯(Jeff Bezos)表示:“不到两年前,亚马逊联合创立了《气候宣言》,并呼吁其他公司提前10年达成《巴黎协定》的目标。如今,已有100多家公司签署了这项承诺,这些公司全球年度总营收超过1.4万亿美元、员工人数合计超过500万。我们很自豪能与其他签约组织携手合作,利用我们的规模,通过真正的商业变革和创新实现经济脱碳化。” 联合国气候问题前负责人、现Global Optimism创始合伙人Christiana Figueres表示:“我们与极具宏大抱负的多家公司共同帮助发起了《气候宣言》,以证明一种加速脱碳的模式。如今,来自各个行业部门的100多家公司,包括许多家喻户晓的品牌和公司,都加入了《气候宣言》,希望到2040年达成实现净零碳排目标。这些公司的行动表明,加快企业脱碳速度是获得竞争优势的一条途径。毫无疑问,我们正处于构建《巴黎协定》所设想的低碳经济的转折点上。我对已经加入《气候宣言》的各公司所展现出的领导力表示赞赏,并期待接下来还会有100家公司加入。” 亚马逊和Global Optimism欢迎以下新签约加入《气候宣言》承诺的组织。 AECOM Mace…

AppDynamicsが5カ所の新拠点によって世界的サービス型ソフトウエアの提供を拡大

サンフランシスコ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 業界有数のビジネス可観測性プラットフォームを提供するシスコ傘下企業のAppDynamics(アップダイナミクス)は本日、戦略的な新拠点5カ所の追加によってSaaS(サービス型ソフトウエア)サービスを拡大し、AppDynamicsのビジネス可観測性プラットフォームへ迅速・安全・確実にアクセスできるようにしたと発表しました。アマゾン ウェブ サービス(AWS)上に構築されたケープタウン(南アフリカ)、香港(中国)、ロンドン(英国)、サンパウロ(ブラジル)、シンガポールの新拠点により、各地域のお客さまやパートナーは、安全性と拡張性を備え、各国のデータ所在地規制に準拠したフルスタックの可観測性ソリューションにアクセス可能となり、企業は優れたデジタル体験を提供できるようになります。 ガートナーの最近の調査によれば、クラウドサービスを現在利用している組織のほぼ70%が、COVID-19によって引き起こされた混乱を受けて、クラウド支出を増やす計画です。 ガートナーのリサーチバイスプレジデントを務めるシド・ナグ氏は、次のように述べています。「今回の世界的流行病によって、クラウドの価値提案の有効性が確認されました。オンデマンドで拡張可能なクラウドモデルを利用してコスト効率と事業継続性を達成できる能力は、組織にとってデジタル事業の変革計画を迅速展開するための誘引となります。」 技術者が今回の世界的流行病への自社対応をリードしている中で、多くの企業がデジタルサービスの革新と規模拡大を迫る圧力の高まりに直面しており、SaaS手法への移行が大いに検討されています。進展を見せるデータ所在地の法制や規制に伴うSaaSサービス導入上の課題に加え、SaaS拠点との近接性に基づいて存在し得るクラウドサービス経由の遅延が、SaaS手法を検討する際の懸念事項となっています。しかし、今日のCIOは、急速なデジタル変革の取り組みを支え、完璧なデジタル体験を求めて高まり続けるユーザーの需要に応えるために、セキュリティー、信頼性、拡張性に優れたSaaSソリューションが緊急に必要であることを認識しています。 新たな拠点を5カ所追加することで、データ主権やデータガバナンスの潜在的要件についての心配を抱える企業にとっての解決策になるとともに、世界中のお客さまにもアクセスを提供できます。ポートランド(米国)、フランクフルト(ドイツ)、ムンバイ(インド)、シドニー(オーストラリア)に既に設置されているポイントオブプレゼンスと合わせて、AppDynamicsは市場の他のどのベンダーよりも充実したSaaSサポートを提供できるようになりました。最近、ガートナーから顕著な強みを認められたAppDynamicsが、世界規模でSaaSの展開を充実させることで、企業はCisco AppDynamics ビジネス可観測性プラットフォームを通じ、完璧なデジタル体験の創出に集中しながら、下記のように管理の強化を達成できます。 データ所在地、プライバシー、セキュリティー – 各国の大企業は、予想されるデータ所在地規制、SOC 2 Type II、EU・米国データ移転協定、GDPR-Readyなどの包括的なコンプライアンス規制とセキュリティー認証に準拠できる。 規模 –…

//chooxaur.com/4/4149019