Category: NEWS

クリプトロジー・アセット・グループ、暗号関係ベンチャー・ファンドに対する1億米ドルの世界的投資を決定

マルタ・スリーマ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — ブロックチェーンおよび暗号関連事業に対する欧州の主要投資会社(クリスティアン・アンガーマイヤーとマイク・ノボグラッツが設立)のクリプトロジー・アセット・グループ(ISIN:MT0001770107、ティッカー:CAP:GR)は、今後24カ月間に1億米ドルを暗号関連ベンチャー・ファンドに投資することを計画しています。 クリプトロジーは、ファンド・ポートフォリオの構築で起業家的アプローチを取り、世界的に初回のファンドや新興の運用会社に重点を置きます。ファンドのシーディングやGP持ち分の取得も行います。 クリプトロジー創立者のクリスティアン・アンガーマイヤーは、このように説明しています。「当社は暗号革命の最初期段階にあり、この生まれたばかりの資産クラスにおいて主要な世界的投資家になろうと努力しています。当社のファンド投資戦略では新進の人材に注目し、世界的なアプローチを取り、暗号関連やブロックチェーン関連の企業の持ち分に投資するファンドに加えて、暗号資産やトークンに投資するファンドも扱います。」 クリプトロジー最高経営責任者(CEO)のPatrick Lowryは、このように述べています。「私の意見では、投資する上で暗号以上に良い資産クラスはありません。クリプトロジーは約2700万ユーロの投資資金をわずか3年以内に成長させ、2021年6月1日時点の純資産価額は約4億5000万ユーロになっています。これは推定IRRで年間300%以上に相当し、当社が自らの目で目撃している地殻変動的変化を見事に証明しています。当社は、今後何年も何十年もこの成功のストーリーを継続するために努力をしていきます。」 Lowryは、さらにこのように述べています。「当社のファンド投資戦略については、当社は、ポートフォリオ・ファンドと密接に協力することをビジョンとしています。ファンドが当社の幅広いネットワークや経験を利用できるようにしていきます。また、革新的なブロックチェーン企業や暗号資産への共同投資も行います。」 クリプトロジーは、暗号関連とブロックチェーン関連の事業に特化した数少ない上場投資企業の1社であり、ドイツの複数の取引所で取引されています。ティッカーシンボルはCAP:GRで、ISINはMT0001770107です。 クリプトロジーは、日次流動性のある株式を通じて個人投資家と機関投資家にほかにない容易なアクセスを提供しています。暗号セクターの大半の企業やファンドはまだ非公開であるために少数の投資家しか利用できない閉ざされた資産クラスですが、そこに投資できるようにしています。例えば、クリプトロジーは、暗号セクターの象徴的な巨大企業でEOSIOのパブリッシャーであるブロック・ワンと、その新たに発表された取引所のBULLISHに、間接的な投資手段を提供しています。 クリプトロジーのファンド投資戦略は、世界的な分散された暗号ポートフォリオに投資できる主要な投資先としての立場を強めていきます。 クリプトロジー・アセット・グループについて: クリプトロジーは、暗号資産およびブロックチェーン関連ビジネスモデルに対する欧州の主要投資会社です。クリスティアン・アンガーマイヤーのファミリーオフィスであるアペイロン・インベストメント・グループおよび暗号資産のレジェンドであるマイク・ノボグラッツにより設立されたクリプトロジーは、ブロックチェーンおよび暗号関連のビジネスモデルの欧州最大の上場持ち株会社です。注目すべき投資先企業には、暗号技術の巨人でEOSIOソフトウェアのパブリッシャーのブロック.ワン、HPCソリューション大手のノーザン・データ、手数料無料のオンライン・ネオブローカーのネクストマーケッツ、暗号資産管理グループのアイコニック・ファンズが挙げられます。 言語: 英語 社名: Cryptology Asset Group…

//couptoug.net/4/4149019