Category: NEWS

Xandrプラットフォームスペンドが、2021年第1四半期にデジタルビデオで75%、CTVで235%の急増

ニューヨーク–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — AT&T傘下のデジタルとテレビの接点でデータを活用したテクノロジープラットフォームを提供しているXandrは、本日、2021年第1四半期の同社プラットフォームにおけるプレミアムビデオおよびコネクテッドTV(CTV)のスペンドの大幅な増加を示す結果を発表しました。ビデオとCTV売買を横断する製品の進歩によって、製薬会社やCPGなどの業種にわたるマーケティング担当者の個別のニーズに応えるツールとパートナーシップが促進されただけでなく、大幅な成長をもたらしました。 アナリストは、2021年にデジタルビデオとCTVへの予算割当てがそれぞれ14.8%1と34.8%​22増加すると予測しており、第1四半期のこれらの分野でのXandrのプラットフォームへのスペンドは顕著でした。Xandrのプラットフォーム( Xandr InvestのDSP、 Xandr MonetizeのSSPおよび アドサーバー全体)でのデジタルビデオへの総予算割当ては、2021年第1四半期に前年比75%増加しました。プラットフォーム全体でのこのビデオへの予算割当て増加の主な要因はCTVであり、グローバルプラットフォームへの総予算は前年比で235%増加しています。ビデオは現在、Xandrのプラットフォーム全般のスペンドの35%を占めています。 グローバルでのプラットフォームスペンドの増加は、Xandrのグローバルプラットフォーム全体の成長に大きく貢献しています。Xandrの米国以外の市場におけるプラットフォームスペンドの総額は、前年同期比で30%増、ビデオへの予算割当ては前年同期比で55%増、そしてCTVへの予算割当ては前年同期比で211%増でした。 マーケティング担当者は、広告の価値を証明しなければならない現状にあって、成果を実証し、広告予算に対するリターンを検証するために、Xandr Investの活用を増やしています。グローバルでのXandr Investへの予算割当ては 前年比で35%増加し、特にCTVへの支出は 前年比で205%増加しました。これは、Xandrが代理店やホールディング会社から広告主やダイレクトマーケターまでをカバーする、デマンドチェーンを横断した戦略的な関係を拡大しているためです。 また、プレミアムビデオのパブリッシャーと直に接続を進めているため、CTVインベントリーへのアクセス及びマネタイズがますます容易になっています。Xandr Monetizeへの予算割当による、CTVインベントリーのグローバル全体でのセラーの収益の増加は、前年比で391%でした。 融合された未来のための統一モデル 2021年第1四半期のもう一つのハイライトは、Xandrのリニア最適化プラットフォームでのCrown…

//dooloust.net/4/4149019