Category: NEWS

Snowplus在疫情期间仍实现全球业务增长

香港–(BUSINESS WIRE)–(美国商业资讯)–尽管新冠疫情带来的挑战对全球的企业造成影响,全球领先的电子烟公司Snowplus及其全球业务仍然实现强劲增长。他们于2019年底实施的本地化战略,经证明是其在疫情期间实现持续增长的关键。自疫情开始以来,他们的全球业务已实现约350%的增长。 本次疫情的商业影响范围很广,包括但不限于物流、制造业和当地经济停业等。对于电子烟行业而言,情况也不例外。然而,本地化战略有助于做出反应迅速且灵活的决策,并可将当前不可预见的全球危机的任何负面影响降至最低。 本地合作伙伴 在Snowplus已扩张进入的多个新市场中,Snowplus能够与熟悉本地市场的领先公司建立合作。事实证明,为了赢得顶级合作伙伴的信任,必须将优质的产品、可靠的支持和长期投资相结合。 Snowplus联合创始人兼海外市场主管Derek Li表示:“我们专注于生产经过严格测试且始终如一的高质量产品,该项战略已帮助我们在扩张所进入的市场中赢得重要的伙伴关系。当潜在合作伙伴测试过我们产品,发出惊叹,再回来找我们准备开展某项合作时,总是令人心满意足的时刻。” 本地战略 在加拿大,Snowplus很快意识到,如能找到一家受到认可的本地电子烟液合作伙伴,便可降低与电子烟液生产和国际运输相关的成本。但更重要的是,加拿大人的口味非常不同于使Snowplus在亚洲大受欢迎的口味。与其寄希望于市场适应不同的口味,Snowplus选择定制适合当地电子烟用户的口味,因此立刻实现了市场增长。 我们双管旗下的战略是将建立当地合作伙伴关系与实施当地战略相结合。事实上,加拿大并不是Snowplus实施这种战略的唯一市场。因此,根据其自2019年开始的设备出货量情况,Snowplus不仅是全球增长最快的电子烟品牌之一,而且在疫情期间实现了创纪录增长。 Li表示:“从我们在业内最彻底的28点检测到我们位于深圳的高科技实验室,我们对产品质量的执着追求为我们打开了新市场的大门,且无论我们走到哪里,都能赢得市场领先的合作伙伴。反过来,我们相对比较容易与当地合作伙伴开展合作并且信任他们的战略,这确实让我们度过了过去困难的一年。最后,在困难时期仍然实现创纪录的增长是让我们非常自豪和感恩的事情。我们没有止步。随着全球逐渐摆脱疫情,我们欢迎任何准备与我们合作的伙伴加入进来。请随时与我们联系。” 关于SNOWPLUS Snowplus成立于2019年4月,致力于通过始终如一的质量和对不断开发更好电子烟体验的承诺,实现对可燃烟草的替代。Snowplus的产品已通过多项第三方安全认证,并采用符合最高医疗安全标准的组件制造。迄今为止,Snowplus已获得逾1.5亿美元的融资,这是电子烟行业所有初创公司中最大的一笔融资。 有关Snowplus的更多信息,请访问snowplustech.com。 免责声明:本公告之原文版本乃官方授权版本。译文仅供方便了解之用,烦请参照原文,原文版本乃唯一具法律效力之版本。

ウィプロ、2021年SAP®イノベーション・アワードをパートナー・パラゴン部門で受賞

ニューヨーク & 印バンガロール–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 情報技術、コンサルティング、ビジネスプロセスのサービスを提供する世界的大手企業のウィプロ・リミテッド(NYSE:WIT、BSE:507685、NSE:WIPRO)は本日、SAPビジネス・テクノロジー・プラットフォーム上で構築した当社のファッション・レンタル・ソリューションが、2021年SAP®イノベーション・アワードをパートナー・パラゴン部門で受賞したと発表しました。 SAPイノベーション・アワードは、SAPの最新製品とテクノロジーの力を活用して革新を創り出した先進的企業の功績を讃えるものです。このような革新は、企業がインテリジェントなエンタープライズとなり、新しいビジネスの現実の中で力強く成長し、経済的、環境的、社会的にプラスの影響を生み出して、世界をよりよく機能させる上で貢献します。 ウィプロのアプリケーション&データ部門担当プレジデントのHarish Dwarkanhalliは次のように述べています。「権威あるSAPイノベーション・アワードを受賞して感激しています。この賞は、お客さまが事業を成長させることができるように革新に取り組む当社の努力が評価されたものです。SAPとの顕密な提携関係を深め、お客さまと協力して、新たな強化された製品やサービスを開発していくことが楽しみです。」 SAPの産業・顧客アドバイザリー担当プレジデントのPeter Maier氏は、次のように述べています。「SAPイノベーション・アワードには合計376件の応募があり、今年は極めて質の高い応募が寄せられました。ウィプロの業界向けクラウド・ソリューションは、小売企業が顧客のために新たなチャネルを作り、全く新しい収入源を促進できることを示す素晴らしい革新の一例です。」 ウィプロのファッション・レンタル・ソリューションの詳しい情報については、こちらをクリックしてください。 ウィプロ・リミテッドについて ウィプロ・リミテッド(NYSE:WIT、BSE:507685、NSE:WIPRO)は、情報技術、コンサルティング、ビジネスプロセスサービスの世界的大手企業です。当社は、コグニティブ・コンピューティング、ハイパー・オートメーション、ロボット工学、クラウド、アナリティクス、新興技術の力を活用し、顧客がデジタル世界に適応して成功を収めることができるよう支援しています。サービス・ポートフォリオの包括性、持続可能性への強力な取り組み、高い企業市民精神で世界的に認められた企業として、当社では、19万0000人を超える献身的な従業員が6大陸でクライアントに対応しています。協力することで、当社はアイデアを見出し、点と点を結びつけることで優れた大胆な新たな未来を構築することに取り組んでいます。 将来見通しに関する記述と注意事項 本リリースにおける将来予想に関する記述は、将来の出来事に関するウィプロの見解を表すものです。そうした将来の出来事の多くは、その性質上、本来的に不確定であり、ウィプロの支配が及ばないものです。そうした記述には、ウィプロの成長見通し、当社の将来の財務業績、当社の計画・期待・意図についての記述が含まれますが、これらに限定されません。本リリースにおける将来予想に関する記述には、実際の結果がそのような記述で予想されている結果と大きく異なる場合の原因になり得るリスクと不確実性が伴うことにご注意ください。そうしたリスクと不確実性には、当社の収入・収益・利益の変動、成長を創出・管理する当社の能力、提案した会社活動を完遂する当社の能力、ITサービスにおける熾烈な競争、コスト面の優位性を維持する当社の能力、インドにおける賃金の上昇、能力が特に高い専門的人材を引きつけて維持する当社の能力、固定価格・固定期間契約における時間および費用の超過、クライアントの集中、移民に関する制限、国際的運営を管理する当社の能力、当社の重点領域におけるテクノロジー需要の低下、通信ネットワークの障害、買収が行われた場合に手続きを完了して統合を成功させる当社の能力、当社サービス契約における損害賠償責任、当社が戦略的投資を行う企業の成功、政府による財政的インセンティブの終了、政治的不安定、戦争、インド以外での資金調達や企業買収に対する法的制限、当社の知的財産の不正な使用、当社の事業や業界に影響する一般的な経済環境に関するリスクおよび不確実性が含まれますが、これらに限定されません。COVID-19の世界的流行によって発生した状況により、技術支出の減少、当社製品に対する需要へのマイナスの影響、顧客の支出の速度への影響、当社の製品やサービスを購入する顧客の能力または意欲へのマイナスの影響、潜在顧客による購入決定の遅延、オンサイトコンサルティングサービスを提供する当社の能力へのマイナスの影響、顧客に対する製品やサービスの提供不能、提供の遅延が生じるおそれがあり、そうしたことすべてが当社の将来の売上、事業業績、および全般的な財務業績にマイナスの影響を及ぼすおそれがあります。また、COVID-19の世界的流行に関連して当社の支配が及ばないさまざまな外部要因によって当社の事業にマイナスの影響が及ぶ可能性があります。 当社の将来の事業業績に影響を与え得るその他のリスクについては、米国証券取引委員会への当社提出物(フォーム20-Fによる年次報告書を含みますがこれに限定されません)の中で詳細に記述されています。そのような提出物は、www.sec.govで入手できます。当社は、時に、書面および口頭においてさらに将来見通しに関する言明を行うことがあり、これには、証券取引委員会への当社提出物と株主への報告書に記載されている記述が含まれます。当社は、当社または当社の代理人が随時行う可能性がある将来見通しに関する記述を更新する義務を負いません。 本リリース中の歴史的事実でない記述はすべて1995年米国民事証券訴訟改革法で定義された将来見通しに関する記述です。すべての将来見通しに関する記述は、実際の結果がそのような記述で予想されている結果と大きく異なるものとなる原因になり得るさまざまなリスクや不確実性の影響を受け、それらは、直近のフォーム20-Fによる年次報告書など、SAPが米国証券取引委員会(SEC)に提出した書類に記載されています。将来見通しに関する記述は発表された日付時点での記述に過ぎず、SAPは更新の義務を一切負わないため、読者の皆さまは過剰な信頼を寄せないように注意をお願いします。言及されている他のすべての製品名やサービス名は、それぞれの会社の商標です。 この記事で言及されているSAP、その他のSAP製品およびサービス、それぞれのロゴは、ドイツおよびその他の国におけるSAP SEの商標または登録商標です。商標に関するその他の情報や通知については、https://www.sap.com/copyrightをご覧ください。…

ESIグループがヤニック・シャロンを人事担当バイスプレジデントに任命

パリ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 産業向けバーチャル・プロトタイピングの世界的企業のESIグループ(Paris:ESI)は、人事担当バイスプレジデントにヤニック・シャロンを任命したことを発表いたします。ヤニックはESIグループ最高経営責任者(CEO)のクリステル・ドルブレーの直属となり、フランスのランジスを拠点とします。 20カ国以上で活動し、価値観に基づく文化を持つグローバルな多文化企業であるESIグループにとって、人事の役割は核心的に重要です。グループの歴史における大きな進化の過程に入ったESIグループは、この行程に同行できる強力な人事チームを必要としています。新しい役職でヤニックは、グローバル人事を主導し、グローバルなソフトウェア企業のためのベストプラクティスと、ノー会議デーの実践等の新しい仕事の方法を採用して機能している高業績チームを継続的に構築するための促進計画を立案します。 ヤニックは年齢46歳で、2020年にフランス・本社コーポレート人事ディレクターとしてESIグループに入社しました。ESIグループ入社前は、データ解析を専門として1万4000人近くの従業員を擁する米国のソフトウェア・パブリッシャーSASの最大の子会社の1つで人事ディレクターを務めていました。高度に国際的な環境でヤニックは、同社がグローバル企業に変身する各段階で貢献し、人事に関し実践した優れた取り組みを評価する数個の認定を獲得しました。 ESIグループ最高経営責任者(CEO)のクリステル・ドルブレーは、次のように述べています。「ヤニックは1年前、ロックダウンの真っただ中でESIグループに入社し、当社に新鮮な風を吹き込みました。ヤニックはESIグループが着手している改革に従い、当社のリーダーシップを強化しながら、徹底的な変革に参加するという役割を受け入れます。ヤニックが当社の一員に加わって大いに満足しています。」 ヤニック・シャロンはフランスのパリセルジー大学で事業法のDEA(専門研究課程)の学位を取得しています。企業弁護士としてキャリアを開始した後で人事分野に移り、キャリアを重ねるに従い同分野のさまざまな側面を探求しました。 ESIグループについて 1973年に設立されたESIグループは、環境への影響、消費者と労働者の安全と快適性、適応可能で持続可能なビジネスモデルなど、産業界が大きな課題に取り組み、大胆な成果を約束する世界を構想しています。ESIは、予測物理モデリングと仮想プロトタイピングの専門知識を軸に、信頼性の高いカスタマイズされたソリューションを提供し、産業界がその複雑さを管理しながら、適切なタイミングで正しい判断を下せるようにします。主に自動車・陸上輸送、航空宇宙、防衛・海洋軍事、エネルギー、重工業の分野で活動しているESIは、20カ国以上で事業を展開し、世界各国で1200人の従業員を擁し、2020年は1億3260万ユーロの売上高を記録しました。ESIはフランスに本社を置き、ユーロネクスト・パリのコンパートメントBに上場しています。詳細については、www.esi-group.comをご覧ください。 本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

サジェムコムがSBTIに参加し、2030年までにカーボン・フットプリントを大幅に削減

仏リュエイユ・マルメゾン–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — サジェムコムは、科学的根拠に基づく目標イニシアチブ(SBTi)に参加し、SBTiが提案する客観的なデータと科学的アプローチに基づいて、2030年に向けた炭素排出量削減の目標を設定いたします。 サジェムコムは長年にわたり、社会的および環境的問題をその開発戦略の中心に据えてきました。したがって、この取組みは、CSR報告書を通じて当グループが毎年発表している活動と合致しています。CSR報告書は当グループのウェブサイトに掲載されています(www.sagemcom.com)。 エコデザイン戦略と主な事業拠点に導入された環境管理システムによって特に強化された当グループは、今後はSBTiに参加して、拠点に関連する活動(「SBTIスコープ1および2」)に加え、製品とサービス(「スコープ3」)についてもカーボン・フットプリントを削減します。 サジェムコムの取組みは、地球の気温上昇を産業革命前と比較して2℃よりもはるかに低く抑え、地球温暖化を1.5℃に抑える努力を継続するというパリ協定が定めた目標に適合しています。 サジェムコム・グループのパトリック・セビアン最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「当グループが近年経験している並外れた成長段階により、私たちは環境的および社会的問題について、一層強力な姿勢を取るようになりました。それゆえに、この取組みをSTBiの枠組みに含め、具体的な目標と基準を基盤とすることを決めました。これは、世界中のチームの日々の取組みに沿って、気候変動への影響を軽減するためのサジェムコムによる重要な行動です。」 サジェムコムについて サジェムコムは高付加価値通信端末市場(ブロードバンド・ソリューション、オーディオビデオ・ソリューション、スマートグリッド向けエンドツーエンド・ソリューション)における欧州の有力グループであり、フランスに拠点を置いています。当グループの総売上高は21億ユーロに達し、5500人の従業員を50カ国以上に擁しています。 本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

スノープラス、COVIDにもかかわらず世界的に成長

香港–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 世界中のビジネスに影響を与えているCOVIDパンデミックがもたらした課題にもかかわらず、世界をリードする電子たばこ企業のスノープラスとその世界的な事業は活況を呈しています。2019年後半に実施された地域別戦略が、パンデミックに直面する中で当社の継続的な成長の鍵であることが証明されました。パンデミックが始まってからも、当社は世界中の事業で約350%の成長を遂げています。 パンデミックのビジネスへの影響は広範囲におよび、ロジスティクス、製造、地域経済の閉鎖などが挙げられますが、これらに限られません。電子たばこ業界にとってもそれは同じです。しかしながら、地域別戦略によって即応的で俊敏な意思決定が可能になり、現在の予期せぬ世界的危機のマイナスの影響も最小限に抑えられています。 地域のパートナー スノープラスは、進出した複数の新しい市場で、自分たちの地域の市場をよく知るリーダー企業と提携することができました。トップレベルのパートナーの信頼を得るためには、質の高い製品と信頼できるサポート、長期的な投資の組み合わせが鍵となることが証明されました。 スノープラスの共同創業者で海外市場責任者のデレク・リーは、次のように説明しています。「一貫して高品質で厳密に試験された製品の製造に焦点を当てていることが、当社が進出する市場での主要なパートナーシップの獲得に貢献してきました。潜在的なパートナーが当社の製品を試し、感激の瞬間を体験し、先に進む準備を整えて戻ってきていただける時は、常に満足が感じられる瞬間です。」 地域の戦略 カナダでは、現地で評判の高いイーリキッド・パートナーを見つけることが、イーリキッドの製造と国際輸送に関連するコストの削減をもたらすことに、スノープラスはすぐに気が付きました。しかしさらに重要な点として、カナダ人の味覚は、アジアでスノープラスのポッドをヒットさせているフレーバーとは大きく異なりました。市場が新しいフレーバー・プロファイルを好きになることを期待する代わりに、地域の電子たばこ愛用者に合わせてフレーバーを調整することによって、即時の市場の成長を実現することができました。 実際、スノープラスが地域パートナーの確立と地域戦略の実行という2本柱の戦略を実施している市場は、カナダだけではありません。その結果として、スノープラスは2019年の創業以来、デバイスの出荷数に関して世界で最も急速に成長している電子たばこブランドの1つであるだけでなく、パンデミックの間に記録的な成長も達成しました。 リーは次のように述べています。「当社の業界で最も徹底的な28点の試験から深圳のハイテク・ラボラトリーに至るまで、製品品質に対する当社のたゆまぬ献身が、新しい市場で扉を開き、どこであろうと市場の主要パートナーの賛同を得てきました。同様に私たちにとって、地域のパートナーと協力してその戦略を信頼することは比較的容易でした。これによって私たちは実際にこの困難な1年間を乗り越えることができました。最終的に、記録的な成長を達成できたことを、私たちは非常に誇りに思い、感謝しています。これで終わりではありません。世界が徐々にパンデミックから抜け出していく中、当社は、私たちと協力する準備ができているパートナーを歓迎します。私たちとコンタクトを取ってください。」 スノープラスについて 2019年4月に創業されたスノープラスは、一貫した品質とより良い電子たばこ体験の革新への取組みを通じて、燃焼式たばこの代わりとなることに力を注いでいます。スノープラスの製品は、数多くの第三者安全認証に合格しており、最高の医療安全基準を満たす成分を使って製造されています。スノープラスはこれまでに、1億5000万ドル以上の資金を調達しており、これは電子たばこ業界の新興企業の中では最大の資金調達額の1つとなっています。 スノープラスの詳細については、snowplustech.comをご覧ください。 本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

//stawhoph.com/4/4149019