Category: NEWS

AGCOが、ボッシュ、BASFのXarvioデジタルファーミングソリューション、レイブン・インダストリーズと、ピンポイント噴霧技術協業契約を締結

米ジョージア州ダルース–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 農業機械と精密アグ・テクノロジーの設計・製造・販売の世界的リーダー企業であるAGCO(NYSE:AGCO)は、ロバート・ボッシュ、BASFデジタルファーミング、レイブン・インダストリーズ(NASDAQ:RAVN)との間で概念実証(PoC)協業契約を締結したと発表しました。農場と環境の持続可能性を推進しながら作物の投入コストを削減することによって、農作物保護製品の使用の有効性と効率性を高めるために、ピンポイント噴霧技術を評価することを目的としています。 除草剤の使用量の削減をサポートするべく、ピンポイント噴霧の概念実証は、農作物保護の決定をするためのリアルタイム・センシング技術に焦点を当てます。この技術は、栽培中の農作物や休閑地の雑草を、昼夜を問わず検知することによって、個々の植物のレベルまで正確に的を絞った製品配置を実行します。環境へのメリットに加え、ピンポイント噴霧は必要な場所にのみ除草剤を噴霧することによって、農家の収益性を高めるために役立ちます。これにより、効率性の高い除草剤を手頃な価格で使用できるようになり、雑草防除が大幅に向上します。最適な除草剤がすでに用いられている場合は、スマートな噴霧器によって量とコストを削減することができます。 最初のコンセプトは現在欧州でFendt Rogatorの噴霧器で評価されており、2022年に北米に拡大される予定です。 AGCOの精密アグおよびデジタル担当上級副社長兼ゼネラルマネジャーのセス・クロフォードは、次のように述べています。「農業従事者は長年にわたって、化学物質の使用を最小限に抑え、農作物保護の目標を達成するために畑の処理回数を減らす革新的な方法を探してきました。さらなる規制圧力の可能性も踏まえ、この協働による噴霧に関する努力が当社の農業従事者第一主義を前進させ、当社が農業従事者のニーズに応えるために最高クラスのパートナーと協力していくことの一層の証明になると信じています。この努力は、ピンポイント噴霧ソリューションを実証することを目指しており、製品の使用を削減して、昼夜を問わず噴霧できる柔軟性と共に、発芽前と発芽後の両方で全面噴霧と同じ成果を達成することを目指しています。」 AGCOの散布機器の専門知識に加えて、ボッシュがハードウエア、機械学習、人工知能と、デジタルサービスの能力をもたらします。Xarvio™デジタルファーミングソリューションは、雑草管理と農作物最適化に向けた自動化された作物栽培リアルタイム現場意思決定エンジンを提供します。レイブン・アプライド・テクノロジーは、ピンポイント噴霧向けの化学物質の精密制御を強化する噴霧器の有効性と運用効率に取り組んでいます。 レイブン・アプライド・テクノロジーの戦略的イニシアチブ担当取締役のドミニク・ウォークスは、次のように述べています。「レイブンは、この協働を非常にうれしく思っています。各組織の専門知識によって、間違いなく、農業の最大の課題のいくつかに対して業界を変えるソリューションがもたらされます。このスマート散布の概念実証は、より持続可能な未来に向けてソリューションを前進させる助けとなる数多くの概念実証の初めのものとなるでしょう。」 この協働が提供しようと重点を置いているテクノロジーの統合された力は、農業従事者に対して、持続可能な方法で世界に食料を供給するための農業従事者重視のソリューションを提供するというAGCOの取組みに沿って、作業の効率性の向上を促進し、同時に化学物質の使用量の削減を通じて環境の保護に貢献する手段をもたらします。 AGCOについて AGCO(NYSE:AGCO)は、農業機械と精密アグ・テクノロジーの設計・製造・販売における世界的リーダー企業です。AGCOは、Challenger®、Fendt®、GSI®、Massey Ferguson®、Valtra®といった中核的ブランドを含む差別化されたブランド・ポートフォリオを通じて顧客価値を提供しています。Fuse®スマート農業ソリューションを備えたAGCOのフルラインの機器とサービスは、世界に食糧を持続可能な形で供給する農業従事者を支援します。1990年に設立され、米国ジョージア州ダルースに本社を構えるAGCOは、2020年に91億ドルの売上高を記録しました。詳しい情報については、www.AGCOcorp.comをご覧ください。当社のニュース、情報、イベントについては、ツイッターで@AGCOCorpをフォローしてください。ツイッターでの財務ニュースについては、ハッシュタグ#AGCOIRの投稿をフォローしてください。 ボッシュ・グループについて ボッシュ・グループは、テクノロジーとサービスの世界的な大手提供企業であり、世界で約39万5000人のアソシエートを雇用しています(2020年12月31日現在)。当社の2020年の売上高は715億ユーロに上っています。当社の事業は、モビリティ・ソリューションズ、産業テクノロジー、消費財、エネルギー・建築テクノロジーの4つの事業部門に分けられています。 ボッシュは、IoTの主要なプロバイダーとして、スマートホーム、インダストリー4.0、コネクテッド・モビリティに向けた革新的なソリューションを提供しています。ボッシュは、持続可能で安全かつ魅力的なモビリティのビジョンを追求しています。センサー・テクノロジー、ソフトウエア、サービスの専門知識と独自のIoTクラウドを活用して、接続された分野横断的ソリューションを単一のソースからお客さまに提供しています。 ボッシュ・グループの戦略的目標は、人工知能(AI)を搭載しているか、もしくはAIが開発や製造をサポートした製品やソリューションによって、インターネットに接続された生活を促進することです。ボッシュは、革新的で熱意を引き起こす製品とサービスによって、世界中で生活の質を向上させています。つまり、ボッシュは「生活のために発明された」テクノロジーを創り出しています。ボッシュ・グループは、ロバート・ボッシュと、約60カ国にあるおよそ440社の子会社と地域会社で構成されています。販売・サービスのパートナーを含め、ボッシュの世界的な製造・エンジニアリング・販売ネットワークは、世界のほぼすべての国に及んでいます。 世界中に400カ所を超える拠点を持つボッシュ・グループは、2020年第1四半期よりカーボン・ニュートラルを達成しています。当社の今後の成長の基盤は、その革新的な力です。世界の129カ所で約7万3000人のボッシュのアソシエートが研究・開発に従事しており、そのうち3万4000人近くがソフトウエア・エンジニアです。 ボッシュ…

//usounoul.com/4/4149019