Category: NEWS

2021 COMPUTEX D&iアワードの受賞者が発表される

台湾・台北–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 台湾貿易センター(TAITRA)が主催する「COMPUTEX d&iアワード」は、業界でのイノベーションと研究への継続的な投資を促すため、主要企業の一流技術を紹介するだけでなく、将来のテクノロジー・トレンドを世界に向けて発信しています。TAITRAは本日、50個の受賞製品を発表し、最優秀賞であるゴールド・アワードをASUSとJGB Smartに授与しました。 専門の審査員が5つの基準で製品を選定 TAITRAが委託し、工業技術研究院(ITRI)によって実施された「第13回COMPUTEX d&iアワード」は、SOSVのエンジェル投資家、エイコーンキャンパスのマネジング・パートナー、アスピロキャピタルの投資家、スターファブ・アクセラレータの創業者、エレクトロニクス業界誌EEタイムズ、エンガジェットのシニアエディター、ITRIの分野専門家、現地のクリエイティブディレクターといった21名の審査員の協力を得て行われました。審査基準は、Innovation(革新)、Technical(技術)、Functionality(機能)、Social(社会)、Craftsmanship & aesthetics(職人技と美学)であり、厳正な選考プロセスを経てCOMPUTEXは今年最も革新的な50個の製品を選出しました。 近年のテクノロジー・トレンドとリモートワークの機会を考慮したアワード・カテゴリー 今年のテーマは最近のテクノロジー・トレンドとパンデミック後の機会を反映させたもので、「情報通信ハードウェア、コンポーネント、周辺機器」、「5Gハードウェアとアプリケーション」、「エッジ・コンピューティングとHPCアプリケーション・サービス」、「IoTデバイスとアプリケーション」、「サイバーセキュリティーと個人情報保護」、「リモートおよびゼロディスタンス革新技術アプリケーション&サービス」、「疫病予防、スマートヘルスケアとアプリケーション」、「ゲーミング・ハードウェア、ソフトウェア、周辺機器」を含む9つのカテゴリーで構成されています。 9つのカテゴリーの一つとして、今年は特別に「スタートアップ」を設け、新たなビジネス機会や技術面での飛躍的進歩を促進しています。 世界的なパンデミックは人々の生活や関わり合い方を一変させましたが、その変化は今年の応募作品からも見てとることができます。隔離生活やリモートワークの拡大に伴い、ホーム・エンターテインメントやフィットネス、eスポーツ、ゲームなどの需要が今年最も人気のあるカテゴリーとなり、応募総数の約38%を占めました。リモートとゼロコンタクトという言葉は、今年のCOMPUTEX d&iアワードだけでなく、テック業界全体のキーワードでもあります。 50個の受賞製品から選ばれた特別賞とゴールド・アワード 今年のコンテストには7カ国からの応募がありました。予選を通過した50製品が決勝に進み、特別賞3製品、ゴールド・アワード3製品が選ばれました。 特別賞は、「ASUS ROG…

//thaudray.com/4/4149019