Category: NEWS

Convivaの新報告書から、アジアで引き続きストリーミングが増加して視聴者へのスマートTVとインターネット接続TVの普及が進んでいることが明らかに

May 20, 2021 10: 39 PM Eastern Daylight Time 米カリフォルニア州フォスターシティ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — ストリーミング・メディア向けインテリジェンス・クラウドのConvivaは本日、2021年第1四半期の「ストリーミングの現状:アジア」報告書を公表しました。この報告書は、アジアのストリーミング時間が前年同期比15%と成長が緩やかである一方で(世界全体は36%)、インド、パキスタン、イランを含む南アジアは151%という飛躍的な伸びを見せていることを明らかにしています。さらにアジアでは初めて、オンデマンド配信がライブ配信を上回り、ユーザーは視聴時間の57%をオンデマンドで視聴しており、前年の44%から増加しました。 また報告書は、アジアのストリーミング視聴者にインターネット接続TV、スマートTV、ゲーム機が普及していることを示しています。アジアは長い間、モバイル重視の地域でしたが、2021年第1四半期には大型画面へのシフトが進み、とりわけ南アジアでは視聴時間の42%を大型画面が占めました。アジア全体では、スマートTVとインターネット接続TVでの視聴率が前年同期比でそれぞれ335%と147%増加しました。 ConvivaのKeith Zubchevich最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「ストリーミングの視聴率は世界中で着実に増加しており、アジアも例外ではありません。大型画面と小型画面の両方でストリーミングをするユーザーが増えるにつれ、アジアのような国際市場はパブリッシャーや広告主、そして何よりもクリエイティブで便利な番組を求める消費者に、大きな機会をもたらすでしょう。」 アンドロイドTVがアジアの大型画面を制覇 アジアでは、大画面でストリーミングをする際に選択するデバイスが、世界のほかの地域とは大きく異なっています。世界の大型画面の視聴時間は、ロクとアマゾン・ファイヤーTVがほぼ半分を占めていますが、アジアではアンドロイドTVが視聴時間の約半分を占めて、優位な立場にあります。北米で優勢なロクは、2021年第1四半期に世界で大型画面の視聴時間のシェア30%を占めましたが、アジアではわずか1%未満のシェアにとどまりました。 アジアのストリーミング品質はまちまち アジアでのストリーミング品質は、ビデオ開始時の障害や画像品質に関して改善がありました。ビデオ開始時の障害が最も減少したのはインターネット接続TVで78%、次にスマートTVで53%の改善が見られました。画像品質では、タブレットとスマートTVのビットレートがそれぞれ27%および24%と、最も大きく改善しました。ビデオの開始時間とバッファリングについては課題があり、アジア全体でビデオの開始時間が前年比で7%悪化し、バッファリング時間はデスクトップ(94%)、携帯電話(16%)、タブレット(24%)で増加しました。…

//thaudray.com/4/4149019