Category: NEWS

ベロダイン・ライダー、画期的なインテリジェント・インフラストラクチャー・ソリューションを立ち上げ

米カリフォルニア州サンノゼ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — ベロダイン・ライダー(Nasdaq:VLDR、VLDRW)は本日、広く見られる最も困難なインフラストラクチャーの問題の一部を解決するように設計されたインテリジェント・インフラストラクチャー・ソリューションを開始しました。この新しいソリューションは、ベロダインの受賞歴のあるライダーセンサーとブルーシティの高性能人工知能(AI)ソフトウエアを組み合わせて、交通ネットワークと公共スペースを監視します。リアルタイムのデータ分析と予測を生成することにより、交通と群集の流動効率を改善し、持続可能性を前進させ、被害を受けやすい道路利用者を保護します。 インテリジェント・インフラストラクチャー・ソリューションは、現在ベロダインからのみ入手できます。すでにケベックやブリティッシュコロンビアを含む北米の複数の都市で展開されており、ニュージャージーでは設置が予定されており、米国全体でもさらに展開が見込まれています。 ベロダインは、ラトガース・センター・フォー・アドバンスト・インフラストラクチャー・アンド・トランスポーテーション(CAIT)とのベロダインのアルファ・プライム(Alpha Prime™)ライダーセンサーを搭載したインテリジェント・インフラストラクチャー・ソリューションを展開する販売契約も発表しました。CAITは、ニュージャージー交通局(NJDOT)との協業により、ミドルセックス郡–スマート・モビリティー・テスト・グラウンド(MC-SMTG)プロジェクトの一環として、ニュージャージー州ニューブランズウィックの複数の交差点にこのソリューションを設置します。このプロジェクトはモビリティーデータの収集・分析・共有技術の実験場として機能し、将来はコネクテッド自律走行車システムの実装に貢献します。CAITは他のセンサー・ソリューションや競合他社のライダー・システムをテストする厳格な審査プロセスを経て、ベロダインのソリューションを選択しました。 ラトガース・センター・フォー・アドバンスト・インフラストラクチャー・アンド・トランスポーテーションのディレクターを務める教授のアリ・マーハー博士は、次のように述べています。「自律走行車を統合し、歩行者と自転車利用者の環境の安全性を高めるには、モビリティーデータの取得と分析が不可欠です。ベロダインのインテリジェント・インフラストラクチャー・ソリューションは、あらゆる種類の環境条件における車両、歩行者、自転車利用者などのさまざまな交通活動に関するデータを収集します。私たちは、このソリューションはすべての道路利用者にとってより安全な環境を構築する上で重要な役割を果たすと考えています。」 ベロダイン・ライダーのアナンド・ゴパラン最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「旧式になった交通インフラシステムを再構築する政府の取り組みが世界中で増加しています。その先頭を行くものが、車両、道路、交通システムの近代化に投資するというバイデン政権による2.25兆ドルの提案です。ベロダインは、コネクテッド自律走行車が存在する世界をイメージしているため、インフラストラクチャーがこの業界を前進させる上で重要な役割を果たすことを知っています。ブルーシティのAIを活用した交通監視ソフトウエア・プラットフォームを搭載した当社のソリューションは、道路と交通インフラをスマートシティに変革し、より持続可能で安全な未来に向かう道を切り開く取り組みの鍵となるでしょう。」 ベロダインのソリューションがインフラストラクチャーを変革 ベロダインのインテリジェント・インフラストラクチャー・ソリューションは、道路と交差点のリアルタイム3Dマップを作成し、正確な交通監視・分析を行います。あらゆる照明条件や気象条件でデータを確実に収集し、24時間無休で365日運用をサポートします。このソリューションは、車両、歩行者、自転車利用者などのさまざまな道路利用者を検出するマルチモーダル分析によって安全性を向上させます。交通安全の課題を予測・診断し、対処することができ、自治体などの顧客組織が情報に基づいた意思決定を行って是正措置を講じられるよう支援します。 インテリジェント・インフラストラクチャー・ソリューションは、レーダーやカメラをベースにしたシステムよりも費用効果が高く、簡単に設置できます。この低い価格設定は、信号機などの柱に設置されたライダーセンサー1台で交差点や道路区間全体をカバーできるためであり、これと比べて、レーダーやカメラのシステムでは同じエリアをカバーするために複数のセンサーが必要になることが一般的です。このソリューションは、ベロダインのアルファ・プライム(Alpha Prime)、ウルトラ・パック(Ultra Puck™)、パック(Puck™)、ベラレイ(Velarray)といったセンサーで機能します。ベロダインのライダーセンサーは、民間アプリケーションで懸念が高まっている個人の顔の特徴の識別を行うものではありません。ライダーは毛髪や肌の色などの詳細を記録しませんので、カメラ単独のシステムと比べて個人情報問題で利点を持っています。 ロジャーズ・コミュニケーションズのイノベーションおよびパートナーシップ担当シニアディレクターのニール・ダヤル氏は、次のように述べています。「ロジャーズは、ブリティッシュコロンビア州ケロウナの交通監視システムでベロダインおよびブルーシティと協力しました。これはカナダで初の5Gスマートシティ・プロジェクトでした。この取り組みにおいて、ライダーベースのこのソリューションが問題の多い交差点で事故のニアミスをどのように追跡するかが示されました。このソリューションのデータを使用することで、自治体は費用効果が高く効率的な方法で道路の安全性を向上させるという重要な仕事を遂行することができます。」 ブルーシティのアサド・レサニCEOは、次のように述べています。「ベロダインと提携し、匿名性と信頼性を維持しながら、道路利用者に関する詳細な交通データを収集・分析するこの画期的なソリューションを市場に投入できることをうれしく思います。ベロダインのセンサーはクラス最高ですので、このソリューションがスマートシティの業界を一変させることになるだろうと確信しています。」 交通インフラストラクチャーの重大な課題への対処 ベロダイン・ライダーのインテリジェント・インフラストラクチャー・ソリューションは次の目的で使用できます。 安全分析。ベロダインのインテリジェント・インフラストラクチャー・ソリューションのニアミス分析を使用して、次の衝突が発生する前に交通安全の課題を予測・診断し、対処することができます。カメラを使用する現在のソリューションでは、交差点や特定の公共エリアごとに複数台のカメラが必要になるため、通常は最終的な分析結果が出るまでの処理時間が長くなります。特定の時間帯や特定の条件下でのみ実施する交通調査は完全ではありません。 交通効率と持続可能性。ベロダインのインテリジェント・インフラストラクチャー・ソリューションは、信頼性の高いリアルタイムの交通データを提供し、あらゆる種類の気象条件や照明条件で渋滞量と交通量に基づいて信号機のタイミングを最適化することができます。現行技術は車両のみのデータを提供することが一般的ですが、このソリューションは、被害を受けやすい歩行者や自転車利用者を含むさまざまな道路利用者を対象にすることができます。また、ライダーの場合、人が持っている携帯電話とやり取りする必要がないため、プライバシーを守りつつ、人混みの中にいる人を正確に追跡できます。…

//chooxaur.com/4/4149019