Category: NEWS

AWSがAmazon Nimble Studioの一般提供を発表

シアトル–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ)– アマゾン・ドット・コム(NASDAQ:AMZN)傘下のアマゾン ウェブ サービス(AWS)は本日、Amazon Nimble Studio(アマゾン・ニンブル・スタジオ)の一般提供について発表しました。この新サービスは、顧客がコンテンツ制作スタジオを数週間ではなく数時間で開設できるようにするもので、無制限に近い規模と、オンデマンドのレンダリングへのアクセスを実現する融通性を備えています。顧客はAmazon Nimble Studioを利用して、世界中のどこからでもアーティストを速やかに起用してアーティストと協業し、コンテンツをより迅速かつコスト効率良く制作できます。アーティストはAWSの世界的なインフラ上で高速化された仮想ワークステーション、高速ストレージ、拡張可能なレンダリング機能を利用できるので、コンテンツを以前にも増して迅速に制作できます。Amazon Nimble Studioを使用するために初期費用や手数料は不要で、顧客は基盤となるAWSサービスの使用料だけを支払います。利用を開始するには、https://aws.amazon.com/nimble-studio/にアクセスしてください。 スタジオはこれまで、高品質の視覚効果、アニメーション、クリエイティブコンテンツを実現するために、低遅延のオンプレミスネットワークを介して共有ファイルストレージシステムに接続したローカルの高性能ワークステーションに依存していました。しかし、優れたコンテンツや顧客体験を求める消費者の欲求が高まっているため、視覚効果やアニメーションに計算能力を集中的に必要とするレンダリングの需要が増大しています。このように増え続ける需要が原因で、コンテンツ制作スタジオはピーク時容量のために計算、ネットワーク、ストレージのインフラを過剰にプロビジョニングしていますが、それはコストが高くつき、管理と規模拡張が困難です。例えば、現在の典型的な長編アニメ映画の場合、730テラバイトのデータと最大5億個のファイルが生成され、1億5000万時間以上のコアコンピュート時間と、数百人のアーティストとエンジニアの調整が必要です。消費者がより多くのコンテンツを求めるようになったことで、スタジオは世界中から人材を集めなければならず、それぞれが高性能なワークステーション、専用ソフトウエア、高速なストレージとネットワークを必要とします。こうした制約はすべて、コンテンツ制作スタジオにとって、制作の遅延、費用の増加、機会の損失につながります。 Amazon Nimble Studioを使用すれば、顧客はわずか数時間で、新しいコンテンツ制作スタジオを作ることができます。クリエイティブらはその後、すぐにNVIDIAグラフィカル処理ユニット(GPU)を搭載し、Amazon Elastic Compute Cloud(EC2、エラスティックコンピュートクラウド)G4dnインスタンスを活用した高性能ワークステーション、Amazon FSxの共有ファイスストレージ、AWSグローバルネットワークを介した超低遅延ストリーミングを利用できます。Amazon Nimble…

//ugroocuw.net/4/4149019