Category: NEWS

SentinelOneはガートナーのクリティカル・ケイパビリティの3つのユースケースすべてで最高得点を得た唯一のベンダー

米カリフォルニア州マウンテンビュー–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 自律サイバーセキュリティー・プラットフォーム企業のSentinelOneは本日、ガートナーの「2021年エンドポイント保護プラットフォームのクリティカル・ケイパビリティ」報告書1で、SentinelOneがタイプA、B、Cの3つのユースケースすべてで、最高位に位置付けられたと発表しました。 報告書で取り上げられた19社のベンダーのうち、SentinelOneはクリティカル・ケイパビリティの3つのユースケースすべてで最高得点を得た唯一のベンダーです。 顧客ユースケースのタイプAは、新技術を導入サイクルの非常に早い段階で採用する「積極的」な組織に焦点を当てています。 顧客ユースケースのタイプBは、新しい技術を早期に使用するリスクとメリットを比較し、「全体的価値」に焦点を当てています。 顧客ユースケースのタイプCは、通常テクノロジーを経費もしくは業務上の必要性とみなし、コストを削減する手段として使用する組織を表しています。 SentinelOneの最高製品責任者のRaj Rajamaniは、次のように述べています。「当社が、2021年エンドポイント保護プラットフォームのクリティカル・ケイパビリティの3つの顧客ユースケースすべてで最高の製品スコアを獲得したことは、主要なエンタープライズ市場の需要に対応することを目的に構築したAI搭載プラットフォームの提供における当社のビジョンと実行力を証明していると考えています。このような結果は、SentinelOneが多様なお客さまに提供している比類なき能力を明確に示しており、当社が継続的に確認している市場の好意的反応を表しています。」 エンドポイント保護プラットフォームのクリティカル・ケイパビリティは、2021年エンドポイント保護プラットフォームのマジック・クアドラント2の一環として実施した分析の一部であり、その調査期間中に収集したデータと同じものを使用しています。このレポートと併せて、当社製品の使いやすさ、防御機能、マネージド・サービス、そしてEDR機能が、A、B、Cのすべてのユースケースにおいて、顧客ニーズを可能な限り最高レベルで満たしていると考えています。 またSentinelOneは、ガートナーの2021年エンドポイント保護プラットフォームのマジック・クアドラントで、リーダーに位置付けられました。SentinelOneのSingularityプラットフォームは、エンドポイント、コンテナ、クラウドワークロード、IoTデバイスにわたる防御、検知、対応能力を単一の完全に自律的なプラットフォームで提供します。特許取得済みの行動モデルと静的AIモデルを使用して、パフォーマンスに目に見える影響を与えることなく保護を提供します。組織はSentinelOneにより、AI搭載ソリューションでサイバーセキュリティーを拡張できます。このソリューションは、ネットワーク全体で発生しているすべてのことを機械レベルの速さで把握でき、従来のアンチウイルスを首尾よく置き換えることができます。 – エンドポイント保護プラットフォームの2021年ガートナー・クリティカル・ケイパビリティは、こちらのリンクから無料でダウンロードできます。 – 5月19日(水)午前10時(太平洋夏時間)に実施するウェビナーへの登録については、こちらのリンクをご覧ください。 – エンドポイント保護プラットフォームの2021年ガートナー・マジック・クアドラントは、こちらのリンクから無料でダウンロードできます。 ガートナーは、当社のリサーチ発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価やその他の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものでもありません。ガートナーのリサーチ発行物は、ガートナーのリサーチ組織の意見によって構成されており、事実の言明であると理解すべきではありません。ガートナーは、商品性または特定目的への適合性の保証を含め、本リサーチに関する明示的あるいは黙示的なすべての保証を否認します。 ガートナー・ピア・インサイトのレビューは、個々のエンドユーザーの体験に基づいた主観的な意見をまとめたものであり、ガートナーまたはその関連会社の見解を示すものではありません。…

//dooloust.net/4/4149019