Category: NEWS

C3.aiデジタル変革インスティテュート、エネルギーおよび気候安全保障向けAIの助成対象者を発表

米イリノイ州アーバナ & 米カリフォルニア州バークレー–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — C3.aiデジタル変革インスティテュート(C3.ai DTI)は本日、C3.ai DTI賞の第2ラウンドを発表しました。これは、人工知能(AI)技術の使用とデジタル変革に焦点を当て、エネルギー効率を向上させてエネルギーと気候の安全保障を確保する低炭素高効率経済への道を先導するためのものです。 C3.ai DTIは2021年2月にこの提案を公募し、52件の応募を受け付けました。厳格な査読プロセスにより、炭素隔離、炭素市場、炭化水素生産、分散型再生可能エネルギー、サイバーセキュリティーなどの対策を通じて強靭性、持続可能性、効率性を向上させる研究提案21件への授与が決まりました。 インスティテュートは、この提案公募で総額440万ドルの現金を授与しました。これは、2020年3月にインスティテュートが発足してから当組織が実施した2回目の公募です。賞の現金に加えて、研究チームは、アジュール・クラウドで最大200万ドルのコンピューティング・リソース、イリノイ大学アーバナシャンペーン校の国立スーパーコンピューター応用研究所(NCSA)のブルーウォーターズ・ペタスケール・スーパーコンピューターでの最大80万時間のスーパーコンピューティング・ノード時間、ローレンス・バークレー国立研究所の国立エネルギー研究科学計算センター(NERSC)のスーパーコンピューターでの最大2500万時間のコンピューティング時間が利用でき、マイクロソフト・アジュール・クラウド上のC3 AI®スイートも無料で制限なく利用できます。 C3 AIのトーマス・M・シーベル会長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「世界のエネルギー・インフラは、世界のエネルギー生産の影響に対処すべく根本的な変化を遂げる必要があります。この危機に直面して、インスティテュートは最高の頭脳を結集し、気候安全保障に向けた客観的分析とAIを利用したデータ駆動型科学をサポートするための方向性とリーダーシップを提供できることを誇りに思います。」 マイクロソフトのエリック・ホーヴィッツ最高科学責任者は、次のように述べています。「科学と工学の進歩を通じて持続可能な未来を追求することは絶対的に重要です。私たちは、主要大学でのエネルギーと気候に関する最前線の研究を支援するためにC3.aiデジタル変革インスティテュートと協力することに強い意欲を持っています。」 21件のプロジェクトはそれぞれ9つのカテゴリーのいずれかに該当し、当初は期間を1年として10万~25万ドルを受け取ります。プロジェクトの名称、主任研究者、所属は以下の通りです。 持続可能性 – エネルギー消費と温室効果ガス排出に向けた持続可能な取り組みを支援するためにAI、機械学習、高度な分析を応用: 持続可能な電気自動車のためのルーティング・ゲームでの学習(ヘンリック・サンドバーグ、スウェーデン王立工科大学(KTH))…

//oackoubs.com/4/4149019