Month: June 2021

COMPUTEX 2021 Virtualの見逃せないバーチャル・ブースとパビリオン

台湾・台北–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — COMPUTEX 2021 Virtualは、6月30日までの日程で始まりました。イベント主催者のTAITRAは、AI技術を通じてまったく新しいデジタル体験を参加者に提供することを目的に、#COMPUTEXVirtualを導入しました。展示会に加え、COMPUTEX CEO基調講演、COMPUTEX基調講演、COMPUTEX & InnoVEXフォーラム、d&iアワードといったイベントが、最新のテクノロジー・トレンドをオンラインで明らかにします。このまったく新しい環境は、安全な自宅で人脈を作ることができるスマート・マッチメーキングの機会も提供します。 #COMPUTEXVirtualと#InnoVEXVirtualの見逃せないバーチャル・ブース COMPUTEX 2021 Virtualは、5G、AIとIoT、エッジ・コンピューティング、イノベーションとスタートアップ、ゲーミング、HPCという6つの主要テーマを中心に展開されます。33カ国の主要な企業とスタートアップが今年の#COMPUTEXVirtualと#InnoVEXVirtualに参加します。 エイサー、欧州復興開発銀行(EBRD)、Epoch FoundationのGarage+、ギガバイト、インテルといった有力企業・機関がパビリオンを設け、バーチャル・ブースで最新の技術や破壊的革新を展示します。 技術革新とスタートアップのための#InnoVEXVirtualでは、参加者は、フランス、韓国、オランダを含む各国パビリオンで24カ国の79のスタートアップを訪問する機会があります。EBRDは、今回初めて独自パビリオンを設けて参加しています。さらに、台湾中小企業処がスポンサーとなっているTaiwan Accelerator Plus(TAcc+)が、#InnoVEXVirtualに参加する台湾最高水準のスタートアップを選びました。桃園市若者問題局は、「TYCスタートアップ・パビリオン」で台湾での技術革新を紹介します。 COMPUTEX d&iアワード・パビリオンが受賞製品を展示…

//zuphaims.com/4/4149019