Month: June 2021

A Look At How Second Life’s Linden Dollars Helped Kickstart Bitcoin’s Value

When people think about bitcoin’s past they sometimes refer to subjects like Mt Gox, the Silk Road, or the famous…

アイデミアがストールストックホルムス・ロカールトラフィーク(SL)と契約し、世界初の公共交通機関EMVホワイトレーベルカードを投入

June 14, 2021 05: 35 AM Eastern Daylight Time 仏クールブボワ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 次世代決済カードの世界的開発は現在、EMV相互運用性およびセキュリティーコンプライアンスの導入と、非接触型決済の大規模採用という2つの重要な要因によって推進されています。組み込みセキュリティーの分野における比類なき専門力のおかげで、アイデミアはSLのセキュリティー基準を定め、世界初の公共交通機関EMVホワイトレーベルカードを開発することができました。 共同開発されたこのハイテクシステムは、ホワイト・レーベル・アライアンスが推進するオープンな非接触型決済規格のEMVホワイトレーベルが基盤となっています。この規格はすぐに導入できる非接触型決済ソリューションを実現します。EMV規格に基づいて構築されており、非接触型への移行と大半のシステムプロバイダー間の相互運用性が促進されます。 アイデミアのソリューションにはセキュリティーと利便性の両方が取り入れられており、通勤・通学者は向上した移動体験の恩恵を受けて、アイデミアが提供する新しいSLカードのみで改札をすばやく通ることができます。このカードはSLの既存のインフラを活用して、EMVオープンループ型決済に対応します。この初めての新しいEMVホワイトレーベルカードは今年の夏過ぎに本格展開されます。 アイデミアの金融機関担当エグゼクティブバイスプレジデントであるアマンダ・グルボーは、次のように述べています。「私たちは、スウェーデンの公共交通機関にとって初めてのEMVホワイトレーベルカードを提供する企業となることを非常に誇りに思っています。当社の新しいカードにより、すべての人々、通勤・通学者、交通機関の生活や業務が以前にも増して簡便なものになると確信しています。」 アイデミアについて 拡張された本人確認技術の世界的リーダー企業であるアイデミアは、市民や消費者が日常の重要行為(支払い、つながり、旅行など)を物理的な世界でもデジタル空間でも行えるよう、信頼のおける環境を提供しています。 私たちが暮らす現代の社会において、アイデンティティの保護は、今や欠くことのできない重要な事柄となっています。拡張された本人確認(個人情報保護と信頼を確保してセキュアで真性で検証可能なトランザクションを保証する本人確認)を支持する立場に立ちながら、当社は個人が対象かモノが対象かを問わず、セキュリティーが重要となる場合は時間と場所に関係なく、私たちの最大の資産の1つである本人確認情報を思考、生産、使用、保護する方法のあり方を塗り替えます。当社は、金融、通信、本人確認、公共セキュリティー、IoT分野の国際的顧客に対して拡張本人確認を提供しています。世界で1万5000人近い従業員を擁するアイデミアは、180カ国の顧客にサービスを提供しています。 詳細については、www.idemia.comをご覧になり、ツイッターで当社(@IDEMIAGroup…

アマゾンと全米安全評議会が米国で最も多い労働災害の解決に向け、この種で初となる提携関係を構築

シアトル & シカゴ–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — アマゾン(NASDAQ:AMZN)と全米安全評議会(NSC)は本日、米国で最大の労働災害のカテゴリーである筋骨格系障害(MSD)を予防する新たな方法を考案するため、5年間の提携を結ぶと発表しました。アマゾンとNSCは数カ月前から、この種で初となる連携に向けて協力してきました。 NSCの代表兼最高経営責任者(CEO)を務めるロレイン・マーチンは、次のように述べています。「今回の提携により、人々が日々直面する問題を解決することで、充実した生活を送ることができるようになるでしょう。職場に行くことは、前向きで、やりがいがあり、安全な経験であるべきです。世界中の企業がこの重要な問題を解決できるように支援するとともに、従業員の職場での安全を守るという当評議会の非営利の使命を後押しするために、アマゾンが寛大に支援してくださることに、私たちは感謝します。」 メリーランド州ボルチモアにあるアマゾンのフルフィルメント・センターで時間給従業員として働くチェルシー・ワイマーは、次のように述べています。「アマゾンの現場安全チームの一員としての私の目標は、仲間の従業員が職場で健康を維持し、私たち全員が無事に帰宅して友人や家族に会えるよう、できる限りのことをすることです。アマゾンは安全性に対して高い基準を持っています。今回の提携はそのさらなる証しであり、MSDを減らすための取り組みを待ち遠しく思います。」 今回の提携では、主要な関係者を巻き込み、調査研究を行い、新たな技術やプロセスを考案し、その成果を拡大することで、さまざまな業界でのMSDの予防を目指します。この連携は、アマゾンからの1200万ドルという、NSC史上最大の企業献金によって実現したもので、5つの重要な要素から成り立っています。 諮問委員会:官民の安全専門家、企業、研究者を結集して国際諮問委員会を設立します。諮問委員会は、MSD予防に向けた最も有望な手法を検討し、提携の構成要素を開発するとともに、MSDの予防で外部関係者の参画を促すために協力します。 先駆的な研究:人工知能、自然言語処理、機械学習の次世代ツールを活用した研究を行い、現在や今後のMSDの革新や動向を探ります。この研究成果は、検討を行って洞察的知見を得られるよう、すべての業界に提供します。 小規模企業や大学への助成金:小規模企業、大学、大学生に助成金を提供します。この助成金は、あらゆる規模の企業が影響力を及ぼすことに役立つ研究や革新活動の資金となります。 イノベーションへの挑戦:イノベーション・チャレンジ競技会を通じて、MSDに対処するための革新的で実用的な解決策を生み出し、強化します。これらの競技会では、専門家に結集していただき、共同作業と反復作業を行い、技術やアイデアを共有します。 業界への行動要請 – MSDの誓約:アマゾンとNSCは提携を通じて発見した解決策を共有しながら、「MSDの誓約」を策定するとともに、他の企業にも下記の取り組みへの参加を呼び掛けることで、変革を促します。 適切なリスク軽減を確実に行うために傷害の予防的指標を追跡し、データに基づいて予防戦略を実施する。 傷害予防に関する従業員や雇用者への教育を含むMSD予防プログラムを実施する。 MSDを予防するための革新的な解決策を採用して推進するとともに、最優良事例を世界中の他の組織と共有する。 今回の提携は6月の全国安全月間に開始され、初年度は諮問委員会の設立、研究提携先の見極め、既存データの分析、助成金やイノベーション・チャレンジ・プログラムの準備に重点的に取り組みます。…

//phaurtuh.net/4/4149019